モーニングアフターピルは緊急避妊薬のことで、避妊できなかったまたは避妊に失敗してしまった時などに、指定の時間内に服用することで妊娠を回避できる薬です。あくまで妊娠を回避するための薬であって、中絶するための薬ではありません。危険日などにコンドームなしで行為に及んでしまった、使用していたがコンドームが破損してしまった、あるいは性犯罪などによる強要により望まない妊娠の可能性がある時に使用します。受精卵の着床を防ぐことで妊娠しないようにする薬です。モーニングアフターピルには現在大きく分けて2種類あり、ひとつは従来からある中容量のピルで、性行為後まずは72時間以内に1回、2錠を服用します。さらに12時間後に1回、2錠を服用します。副作用としては吐き気などを起こすことがあります。もうひとつは2011年に新薬として販売されるようになったノルレボで厚生労働省からも緊急避妊薬モーニングアフターピルとして許可されています。こちらは従来よりも吐き気などの副作用が少なく、より確かな避妊効果が期待できるといわれています。また使用に関してもノルレボは、性行為後72時間以内に1回、2錠服用することだけで効果が得られますので、従来のピルよりも使用しやすいというメリットもあります。できるだけ早く服用することで高い効果が期待できますので、できれば24時間以内に服用することがのぞまれます。どちらも正しく医師に診断のもとに使用することで、より妊娠の可能性を少なくすることができます。それぞれに特徴がありますので、どちらを使用するかについては、本人の体調や体質などから判断し、メリットデメリットなどを十分理解したうえで服用することが大切です。