モーニングアフターピルを服用することで、望まない妊娠を高確率で避けることが出来るようになります。カップル達は誰でもなるべく結婚前に妊娠しないように、コンドームをつけてセックスをしたり膣外射精をする等、色々な避妊対策をとっているものです。しかしこのような様々な避妊対策をとっていたとしても、妊娠する時はしてしまうものなのです。なのでその場合はセックス後にモーニングアフターピルを服用して、妊娠するリスクを減らしていけば良いのです。
しかしモーニングアフターピルを服用すると、女性によっては身体に様々な副作用が出てくることになります。なので副作用対策をしっかりととる必要があります。特に多い副作用としては頭痛があります。この頭痛については女性ならば何もモーニングアフターピルを服用していない人であっても、悩まされている人は多いものです。なので元から頭痛持ちの女性がモーニングアフターピル服用による副作用によって更に辛い頭痛が起こってしまったら、かなり辛い思いをすることとなってしまうのです。
もしもモーニングアフターピルを服用して頭痛が出てしまった場合、速やかにドラッグストア等に行って、ロキソニン等の頭痛薬を購入して飲むようにしなければいけません。幸いにもモーニングアフターピルを服用中の女性であっても、市販の痛み止めは問題なく飲めるのです。日本人というのはついつい頭痛がする時であっても、なるべく限界まで我慢しようとしてしまいがちです。それは日本人の多くは我慢することを美徳だと思っていることに原因があります。しかし辛い頭痛がする時は、とにかく速やかに痛み止めを飲んで対処した方が、早くすっきり出来るからオススメなのです。